入村不動産鑑定 – 【初回相談料無料!】 東京を中心として弁護士、税理士その他士業に対する独立系不動産鑑定士として業界のトップクラスの対応件数をもつ。

入村不動産鑑定は武蔵野市、三鷹市、多摩地域、東京を中心として全国において相続を中心に、不動産売買や賃貸、特殊不動産などの評価を600件、相談件数を含めると1000件以上の対応実績があります。

初回相談無料 0422-26-5143 受付時間9:30~18:30(土・日・祝日除く)
お気軽にお問い合わせください。初回相談無料 0422-26-5143 受付時間9:30~18:30(土・日・祝日除く)
メールでのお問い合わせ
入村 匡哉
私が代表の入村です。
不動産相談サポートはすべて
お任せください!
セミナー情報
会員登録
不動産相続
ブログ
入村不動産鑑定士 公式Facebook
提携サービス
   
 

提携サービス

 近年、不動産鑑定評価のみならず、投資や取得時の不動産リスク評価の必要性が高まっています。また、相続分野では、一人の専門家による解決が難しく、法律・税務・不動産等の各ジャンルの専門家連携での迅速安心解決は必須であり、各専門家との業務提携対応が鑑定評価上、もはや必須といえる時代といえます。そこで当事務所(不動産鑑定士)が1つの窓口となり、豊富なネットワークの中からお客様や案件の正確に合った各専門家をご紹介し、チームで不動産相談解決策をご提案し、サポートさせていただきます。

 
 

 【A建物診断に伴うエンジニアリングレポート(ER)作成】

 
エンジニアリングレポートとは、建物の物的状況に関する調査をまとめたもので、建物の主要構造部、設備等の劣化状況、耐震性、使用材料の有害物質含有状況、敷地についての土壌汚染の状況などが対象となります。
鑑定評価においてはDCF法適用の際の修繕費用の見積もりや耐用年数の査定の参考になります。また、不動産証券化の格付け取得やプロパティマネジメントにおける修繕計画策定の基礎資料ともなります。

 【B建築設計・監理】

 
事務所・店舗・マンション・住宅等に実績があります。

【Cボリュームチェック・土地残余法適用における想定建物図面】

 
 不動産鑑定に必須の想定建物図面を迅速にご提供します。税務評価・裁判関係評価等の想定建物の精度が要求される場合に推奨します。
 建築士が基本計画図をCADにより作成いたします。

【D積算調書・再調達価格時点修正】

 再調達原価とは、対象不動産を価格時点において再調達(新築)することを想定した場合における原価(建築費)総額をいいます。精度の高い建物のみの鑑定評価が必要なケース、建物が特殊用途の場合、建築時点からの時点修正が必要な場合に有用です。

【E宅地造成開発計画図面作成】

 大規模画地の場合で低専地域においては宅地分譲を想定した敷地分割案を策定し、これに基づいて開発法を適用、また、広大地判定にかかる意見書においては最有効使用を証明しなければなりません。
開発計画策定に当たっては開発指導要綱等の法令上の制限をクリアしなければならず、専門家の判断が必要です。
 そこで、作成を手配いたします。図面は開発規制等を反映させたCADによる敷地分割図と各区画の地積一覧となります。

【F建築基準適合判定調査】

 建築基準適合判定調査とは国土交通省が所管する資格検定である建築基準適合判定資格者が行なう調査で、建物や工作物の建築基準法への適合性調査のことです。
 金融機関などから、以下の理由で、建物や工作物の遵法性を問われている場合などに、適合の判定を受けることでこの問題をクリアできる場合があります。
・検査済証がない
・竣工後、増改築を行った
 建築基準適合判定のご依頼に際しては、竣工時の確認申請書類や設計図書類が必要になりますが、新たに復元された図面や計算書でもご対応致します。

【G地歴調査】

 土地取得・投資初期段階の事前調査として汚染リスクの可能性を費用と時間をかけない地歴調査を行ないます。住宅地図・地形図・空中写真等を用いての土地利用履歴調査、官公庁資料調査、電話聞き取り調査を行ないます。
 不動産鑑定評価における土壌汚染に関する判断材料として十分に活用できます。

【H土壌・地下水汚染調査/対策】

 フェーズⅠ(資料等調査による土壌汚染の可能性評価)→フェーズⅡ(表層土壌調査・ボーリング及び地下水調査による土壌汚染の有無の評価)→フェーズⅢ(対策施工)へと調査から対策までの各ステージの業務を行なうことができます。

【Iアスベスト調査及び分析/管理対策】

 フェーズⅠ(アスベスト建材診断)→フェーズⅡ(アスベスト飛散リスク診断)→フェーズⅢ(対策・管理方法提案)へと調査から対策までの各ステージの業務を行なうことができます。

【J資産除去債務】

 環境部門、経理部門、人事総務部門との方針すり合わせから、計画・実行、最終的な資産除去債務額の計上や、注記案の作成等、最後までお手伝いできます。また、監査法人への説明もできます。

K弁護士・税理士その他の士業ご紹介

 不動産の専門家と法律や税務分野の弁護士・税理士、さらにその他士業(司法書士・行政書士・土地家屋調査士等)の連携が必要な場合に信頼おけるパートナーをご紹介させていただきます。
 他の専門家選びの悩みからお客様を解決します。